FSDにおすすめのサプリメント7選

FSD(女性性機能不全)におすすめのサプリメントとして、前回マカを紹介していますが、それ以外にも、伝統的に催淫効果がある、女性ホルモンを整える効果があるとされるサプリがあります。

参考記事:マカ FSDにおすすめのサプリ

ここに紹介するサプリは、口コミベースではそれなりにFSD(女性性機能不全)に対して効果があるようです。
ただ、マカのように、人を対象にした臨床試験による科学的な検証は少なく、十分ではありません。また、日本では個人輸入以外では手に入れにくいものが含まれています。

ダミアナのサプリ

FSDにおすすめのサプリメント7選

ダミアナ

ダミアナは、メキシコや西インド諸島など中米原産の黄色い花をつける低木です。
ダミアナの葉は、伝統的に男女の性的欲求を高める媚薬として使われています。

ハワイ大学の臨床試験では、ダミアナに加えて、L-アルギニン、高麗人参、イチョウ葉エキスなどを一緒にしたサプリメント(商品名ArginMax)を摂取したところ、性的欲求が高まり、性的満足度も改善したという報告がされています。

実験では、性的欲求が欠如した22歳から73歳の女性108人に4週間サプリメントを飲んでもらったところ、性的欲求、回数、満足度、感度が向上しています。
(出典:J Sex Marital Ther. 2006 Oct-Dec)

研究者は、ダミアナの効果として次の点をあげています。

1.ダミアナは、性器周辺の血行を良くして、濡れやすくしたり、性感を高める
→女性用バイアグラのような効果があります

2.ダミアナは、アピゲニンというポリフェノールの1種を多く含んでおり、抗うつや精神安定の効果がある

管理人より:
ダミアナは女性の催淫剤として欧米では非常に有名です。口コミなどをみると、効果を実感している人とそうでない人が半々くらいかと思われます。

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスといえば、血流を良くして、記憶力を良くしたり、認知症の予防するのにおすすめのサプリとして知られています。
また、抗酸化作用の強いポリフェノールを何種類も含んでいて、アンチエイジング効果も注目されています。

イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスの血流改善効果は、FSD(女性性機能不全)の改善にも効果が期待されています。

米国テキサス大学の実験でも、一定の効果が認められています。

68人のFSDの女性を対象にした実験で、イチョウ葉エキスとセラピー両方を受けたグループは、性的欲求や満足度が著しく向上した。しかし、どちらか一方だけのグループはあまり改善しなかった。

管理人より:
イチョウ葉エキスは、血流改善による感度アップや精神安定効果などダミアナと似た作用があるようです。ただし、FSDに限ってはダミアナの方が評価が高いと思われます。

チェストツリー

FSD(女性性機能不全)の原因の1つに、ホルモンのバランスが崩れることがあげられます。

チェストツリー(西洋ニンジンボク)は、女性ホルモンの働きを活性化することがよく知られているハーブです。チェストツリーは、その効果ゆえに、PMS(月経前症候群)や月経不順、不正出血、不妊を治療する医薬品の主成分にもなっています。

チェストツリー

加えて、チェストツリーを摂取すると、快感や幸福感を感じる神経伝達物質であるドーパミンが増えます。

そのため、海外の婦人科の医師やセラピストのなかには、FSD(女性性機能不全)の改善にチェストツリーを勧める人が多いです。

高麗人参

高麗人参は、5000年も前から強壮薬として用いられてきたそうです。

高麗人参とFSD(女性性機能不全)については、高麗人参が、更年期の女性の性的興奮を高めることがわかっています。韓国チョンナム大学で行われた臨床試験が明らかにしています。

平均年齢51歳の女性32人を対象にした実験で、毎日3gの高麗人参を摂取したグループは、女性性的機能指標(FSFI)で、性的興奮を示す数値が3.1から3.5に上昇した。
(出典:J Sex Med. 2010 Apr)

シャタバリ

シャタバリは、白い花を咲かせるアスパラガスの仲間の植物です。

シャタバリの根は、インドのアーユルヴェーダでは、胃腸薬や精神安定薬として用いられてきましたが、加えて、女性ホルモンを活性化して更年期障害を改善する薬として使われています。
そのため、サプリメーカーは、シャタバリを女性を若返らせるハーブとして宣伝しています。

シャタバリのサプリメント

FSDに対しても、シャタバリはチェストツリーと同様の効果が期待できると思われます。

アシュワガンダ

アシュワガンダは、ナス科の植物で、アーユルヴェーダでは多くの目的に使われています。関節炎、不眠、うつ、気管支炎、生理痛などの症状緩和です。

アシュワガンダは、近年では、アダプトゲンの代表と位置づけられています。
そのため、アシュワガンダは、インドのバイアグラ、インドの朝鮮人参とも呼ばれているそうです。

*アダプトゲンは、トラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然のハーブです。(Wikipediaより)

FSD(女性性機能不全)に対しても、アシュワガンダは性的欲求を高める効果があると言われています。実際に女性の性欲を高めるサプリとして、アシュワガンダが主成分のサプリも海外では売られています。

女性の性欲を高めるサプリ

イカリソウ

イカリソウは、別名:淫羊霍(いんようかく)と呼ばれ、中国や日本で精力剤として用いられてきました。あのユンケルのなかにも生薬成分として入っています。

ユンケルのサイトには、イカリソウの用途として、「強精、強壮、インポテンツ」とありますが、これはイカリソウに含まれるフラボノイド「イカリイン」がバイアグラと同じ作用をもっているからです。

イカリインは、PDE-5という酵素の働きを阻害して血中の一酸化窒素の濃度を高めますので、男性にとっては、性器周辺の血流を高めて、勃起しやすくします。

FSD(女性性機能不全)に対しても、イカリソウは、女性用バイアグラと同様に、濡れやすくしたり、性感を高める効果があると考えられます。

イカリソウは、海外では、Horny Goat Weed (ホーニーゴートウィード)という名称でサプリメントになっています。

イカリソウのサプリメント

管理人より:
上の7つのサプリは、女性の性的欲求を向上するもの、女性ホルモンを活性化するもの、血行を良くして性的感度を良くするものに分かれます。もし摂取する場合は、FSDの症状や原因にあわせて、いくつか組み合わせることがおすすめです。