頭痛への対策-バイアグラなどED治療薬の副作用

頭痛は、バイアグラなどED治療薬を飲んだときに現れる副作用として、もっとも一般的なものだと言えます。

頭痛の原因は、急に血流が良くなった反動ではないかと考えられています。
そのため、バイアグラを他のED薬であるシアリスやレビトラに代えても、効果がマイルドになる分、頭痛の痛みは少し軽減されますが、痛み自体がなくなることはないと言われています。

頭痛

バイアグラを飲んだときに頭痛になる人の対策

1.バイアグラを飲む量を細かく調整する
海外のサイトを見ると、ユーザーは自分の適量を求めて、量を細かく調整していることがわかります。
バイアグラ 100gを購入しても、ピルカッターで割って、33mgとか40mgとか少しずつ飲む量を変えているようです。

2.大量の水と一緒に飲む
バイアグラなどED治療薬による頭痛の原因として、血行改善によって代謝が上がって脱水症状を起こすことも考えられます。脱水症状の予防として、水をたくさん飲むのが効果があります。

3.鎮痛薬
バイアグラを飲んでも、行為どころでないなら鎮痛剤に頼るしかないでしょう。
日本では2chなどを見ると、高い鎮痛効果のあるロキソニンが支持されています。
海外では、空腹でも飲めるので「タイレノール」が圧倒的人気です。バイアグラなどのED治療薬と一緒に飲めます。
(ロキソニンは空腹は避ける必要がある)
タイレノール

【関連記事】
バイアグラ、シアリス、レビトラ、ステンドラの比較
ED治療薬のマーケットシェア バイアグラ VS. シアリス