若いのにインポ? 心因性に効くタッチング・エクササイズ

最近は、20代30代でも勃ちが悪いと感じている人が増えているそうです。
多くの場合、精神的な要因によるものと考えられます。

悩む男

もし、あなたに思い当たることがあるのなら、心因性のインポ(ED)かどうかを判断するのに3つの質問があります。

  • あなたは50歳以下ですか?
  • あなたは健康ですか? (血圧、血糖値、LDLコレステロール、中性脂肪の値は正常?)
  • あなたは朝勃ちしていますか?

3つともイエスであれば、明らかに心因性のインポですし、1つでもイエスなら(とくに最後の質問がイエスなら)可能性が高いと考えられます。

心因性インポにタッチング・エクササイズ

1.必要なことはリラックス

心因性のインポについては、緊張や慢性的ストレスのほか、具体的にはいろいろな原因があります。が、必要なことは、とにかくリラックスすることです。ゆったりした気持ちで女性とベッドを共にすることです。

反対に、緊張したり、興奮してアドレナリン出まくりの状態では、血液は頭や顔や手足に行ってしまって、とても消化や勃起に回る余裕はないはずです。
たとえば、生きるか死ぬかの戦いをしている最中の男は誰も勃起していないはずです。

ですから、リラックスすること-自律神経で言えば、交感神経ではなく、副交感神経が優位な状態を作ることが必要だというわけです。

ソファでリラックスする男

2.自分の感覚に集中してみよう

では、交感神経を鎮め、副交感神経系を活性化するためにどうすれば良いか?

セックスセラピストなどの専門家は、「自分の感覚に集中する」ことを勧めています。
自分の感覚に集中することで、論理的な思考回路のスイッチを切り、考えすぎをストップし、不安や恐れの気持ちを忘れることができると言います。

つまり、パートナーの手や唇や他の部分が、あなたの体に触れるときの気持ち良さを十分に堪能していると自然にリラックスして来るということです。

【タッチング・エクササイズをやってみよう】
とはいえ、自分の感覚に集中するといっても、単純なようで、「言うは易く、行うは難い」ものです。
そこで、おすすめなのが、自分で行うタッチング・エクササイズです。
自分の指で軽く、腕をなぞってみましょう。触られたときの感覚に集中してみてください。
他のことはなにも考えずに、5分間続けてみてください。

タッチング・エクササイズは、いつでもどこでも行えます。
また、夜、布団のなかだと、腕以外の敏感なところをタッチしてみても良いでしょう。

まとめ

心因性のインポ(ED)のときは、皮膚感覚が鈍っています。反対に皮膚感覚を刺激して、「気持ち良い」という思うことで、心因性のインポは改善に向かうはずです。

若い人の心因性のインポは、多くは一時的なものですので、不必要に心配したり慌てたりしないことが大事です。
一方で、不安障害(いまは神経症性障害と言います)はともかく、うつ病までになってしまうと、バイアグラなどでも効きにくくなりますので、日ごろから、緊張を和らげ、ストレス解消に勤めることも必要かと考えます。

【 関連記事 】
精液を増やす9つの方法
L-シトルリンでインポを治す