女性のインポ FSD の症状と原因

女性のインポは、FSD(Female Sexual Dysfunction:女性性機能不全)と言います。

FSDは、主に4つの症状に分けられます。
いずれも、継続的で繰り返し起こることが条件になります。一時的に症状があっても、FSDにはなりません。

AN008-009

FSD(女性性機能不全)の症状

1.性的欲求低下(Low sexual desire)
「セックスをしたくない」「セックスをする気になれない」というものです。FSDのなかでももっとも多いものです。

2.性的興奮障害(Sexual arousal disorder)
セックスはしたいが、濡れなかったり、十分に広がらなくて挿入できないものです。
男性のEDに相当します。

3.オーガズム障害(Orgasmic disorder)
適切な性的刺激があっても、イケない場合はオーガズム障害と言います。

4.性的疼痛障害(Sexual pain disorder)
挿入されると痛い、触られても痛い、と感じるのが性的疼痛障害です。
濡れなくて痛いのとは区別されて、激痛で指なども入らないことが多いです。

FSD(女性性機能不全)の原因

FSD(女性性機能不全)になる危険が高くなるのは、成長期、妊娠・出産期、更年期など女性ホルモンが不安定なときとされています。
でも、必ずしも1つの原因ではなく、複数の原因が相互に作用して、FSDになることが多いと考えられます。

1.肉体的原因
病気や加齢など肉体の衰えがFSDの原因になります。病気では、ガン、腎臓障害、膀胱炎、心臓病などが代表的です。
また、抗うつ剤、血圧低下剤、抗ヒスタミン剤などの薬が、性的欲求を抑制したり、オーガズムを妨げることがあります。

アン

2.エストロゲン(女性ホルモン)レベルの低下
エストロゲン(女性ホルモン)の不足がFSDを招きます。

エストロゲンが減少すると、性器周辺の血行が悪くなって、感じにくくなります。
また、女性器の筋肉組織が薄くなり、弾力性をなくすようになります。
そのため、濡れにくくなって性交痛を覚えたり、オーガズムに達しにくくなります。

したがって、エストロゲンレベルが低くなる閉経後はFSDになりがちです。
同様に、エストロゲンが大きく変化する出産、授乳期にも、濡れなくなったり、性的欲求が起きなくなる女性が多くいます。

3.心理的原因・社会的原因
うつ病のような精神的な疾患の場合はもちろん、女性はデリケートですので、色々な心理的要因・社会的要因が性的不全を招きます。

特に多いのは次のものです。

  • 長期間のストレス
  • 奔放な性遍歴
  • パートナーとの関係
  • 妊娠への恐れ、または過剰な期待
  • 自分の身体へのコンプレックス
  • 子供や家族の世話、など

たとえば、パートナーの浮気を知ってしまった、とか、産後体型が戻らないことを気にしていたら夫に指摘された、とか、乳幼児の世話でまいっている、というようなケースでFSDになっています。

【 参考記事 】
女性用バイアグラ