使いきり潤滑ゼリー おすすめ3選

女性の濡れにくいをサポートする潤滑ゼリーには、1回分ずつ個装されている使いきりタイプもあります。
チューブタイプに対して、割高ではありますが、いろいろとメリットも大きいので、初めて使う方や使用する回数が少ない方は、使いきりタイプの方がおすすめです。

潤滑ゼリー チューブタイプ対使いきりタイプ

使いきり潤滑ゼリーの長所(メリット)

衛生的

未開封のものを開けてすぐ使えるので、なにより衛生的です。
それにチューブタイプだと、セックスの回数が少なかったり、あまりゼリーを使わない人は使用期限まで使い切れないこともありますが、使いきりタイプだと、もともと量が少なく、未開封のままで保存もききますので、余ることは少ないです。

持ち運びが簡単

1回分をカバンのなかに忍ばせて持ち運べます。
ホテルや旅行先など自宅以外でのセックスには断然使い勝手が良いですね。

パートナーに内緒で使える

濡れにくくて潤滑ゼリーをパートナーに内緒で使いたい場合は、使いきりタイプを使用しましょう。行為前に化粧室に入って、カレに隠れて、さっと注入している人も多いようです。

手が汚れない

使いきりタイプの潤滑ゼリーは、注入するときゼリーを手に取る必要はありませんので、手は汚れません。

奥まで入れやすい

チューブタイプの潤滑剤は、入口に塗るのは簡単ですが、奥まではなかなか届きにくいです。使いきりタイプの潤滑ゼリーは、タンポンを入れる感覚で、膣奥まで入れやすくなっています。

使いきり潤滑ゼリー おすすめ3選

1位:プレペア

プレペア
プレペアの詳細

次のウェットトラストプロと同様に 注射器のような形状で膣内に注入するタイプの潤滑ゼリーです。ヒアルロン酸・乳酸入り。日本製。

メーカー クサノハ化粧品
価格 1.7g×30本入 4,580円、60本入 8,880円

【 口コミ 】
・膣内分泌液にそっくり、無味無臭で、男性には絶対使っているとわかりません
・韓国製のウェットトラストより日本製のこっちが安心な気がする
・自分にはちょっと量が少ない 2本使ってちょうど良い
・もう少し安いと助かるのになぁ

2位:ウェットトラストプロ

注射器タイプの潤滑ゼリーの元祖です。韓国製。

ウエットトラストプロ
ウェットトラストプロ の詳細

メーカー ハナミスイ
価格 1.7g×30本入 3,500円
原材料 水、ヒドロキシエチルセルロース、プロパンジオール、ヒドロキシ安息香酸メチル、ヘキサンジオール、オクタンジオール、エチレンジアミン四酢酸二ナトリウム、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ダイウイキョウ果実エキス

【 口コミ 】
・数が多くてまとめ買いできるのが良い
・自分には量が少ない
・プレペアよりちょっとヌルヌルしてるかも
・完全な無味ではなく、少し甘い味がするので、絶対バレたくないときは使いにくい

3位:リューブゼリー(デリケートイン)

リューブゼリー(デリケートイン)
リューブゼリー(デリケートイン)の詳細

日本初の水溶性潤滑ゼリーであるジェクス社のリューブゼリーなので安心です。
ただ、容器の形状がノズル型なので、ちょっと中身が残ったりして、使いやすさは注射器型には劣るかも。

メーカー ジェクス
価格 6g×4個入 900円
原材料 水、グリセリン、PG、親水性ポリマー、pH調整剤、パラベン

【 口コミ 】
・とてもいいが、4個しか入っていないので、もっとまとめ買いしやすいものが欲しい。・もうちょっと安価だと助かる
・1本で6gだが、容器の構造上6g全部を出し切るのは難しい

【 関連記事 】
潤滑ゼリーは定番の5品がおすすめ
レビトラ体験談