ビタミン&ミネラル療法でインポを治す

各種ビタミンとカルシウムやマグネシウムなどミネラルを不足なく摂取することで、インポの予防や改善に役立つという説が海外では有力になっています。

ただ、このビタミン&ミネラル療法については、「インポの人が実践してどうだったか」という体験談を拾うことはできませんでした。
そのため、効果の程度はわからないところがあります。

でも、ビタミンやミネラルが不足することは、健康のためには良くありませんので、必要摂取量は毎日確保するようにしましょう。少なくとも、インポの予防にはなると思います。

マルチビタミン

ビタミン&ミネラル療法では、とくに次の栄養素が重要です。

ビタミン&ミネラル療法で重要な栄養素

ビタミンA

カリフォルニア州予防医学センターのエリソン・ハース博士は、著書の中でビタミンAの不足がある種のインポの原因であると主張しています。

ビタミンAとインポ

ビタミンAは、脂溶性で、摂り過ぎは害になるとされています。
日本人の食事摂取基準では、摂って良い上限は、5,000IUから9,000IUに設定されています。ところが、ハース博士は、10,000IUから25,000IU程度は副作用がないので、摂取するように勧めています。

博士の話をそのまま実践するのは、疑問もありますが、少なくともビタミンAが不足しないようにはするべきと考えます。

ビタミンA 成人男性の1日の必要摂取量(「日本人の栄養所要量」より)
2000IU

ビタミンE

ビタミンEは血の流れを良くするとして有名です。また、ビタミンCと並んで抗酸化作用を持ち、活性酸素のダメージから血管を守ります。

また、2008年12月発行の「The Aging Male」誌によると、バイアグラなどED薬だけではじゅうぶんな反応が得られなかった人も、毎日300mgのビタミンEをとることで、勃ちが良くなったそうです。

aging-male

ビタミンE 成人男性の目安の摂取量
7mg (耐容上限 800-900mg)グリコのサイトより

葉酸

葉酸は糖尿病から来るインポを改善する可能性があります。

2006年9月発行の「European Review for Medical and Pharmacological Science」誌には、約200人の糖尿病でインポの男性が400μgの葉酸を毎日摂取することで、インポが改善されたという話が出ています。

葉酸とインポ

葉酸 成人男性の推奨摂取量
240μg (耐容上限 1300-1400μg)

ビタミンC

ビタミンCも抗酸化作用を持ち、活性酸素のダメージからからだを守ります。

ビタミンCは下腹部の血流を良くする働きがあり、男性女性とも性的機能を改善する可能性があるという、メリーランド大学の発表もあります。

ビタミンC 成人男性の推奨摂取量
100mg (耐容上限 なし)

カルシウム

カルシウムもインポを治すのに関わっています。

2010年12月発行の「Fertility and Sterility」誌には、「カルシウムとあわせて、葉酸とビタミンEとビタミンCをとれば、インポが治る効果がある」という研究成果が出ています。

カルシウムでインポを治す

カルシウム 成人男性の推奨摂取量
650mg-800mg (耐容上限 2,300mg)

その他、糖尿病による血管へのダメージを予防するクロムやマグネシウムも、インポを予防改善するのに大事なミネラルになっています。

毎日、不足なく必要なビタミンとミネラルを摂取することが、インポの改善につながります。
サプリメントが便利です。

DHC マルチビタミン

DHC マルチミネラル