ウォーキング(散歩)によるインポの予防と改善

インポ(ED)を予防したり治すのに、ライフスタイルを改めることも重要です。
とくに定期的な運動がもっとも効果があります。なかでも手軽で誰でも実行しやすいウオーキングはおすすめです。

専門家は、1日2マイル(3.2km)を少し速足(時速4.5~5km程度)で歩くことを推奨しています。
この記事では、ウォーキングがインポの予防と改善に役立つ理由と改善した事例について述べています。

ウォーキングする中年男性

ウォーキング(散歩)によるインポの予防と改善の事例

1.心筋梗塞での患者でもウォーキングでインポが改善した

ブラジルの病院で行われた、心筋梗塞を起こした患者を対象にした臨床試験では、家でのウォーキング・プログラムを実行した41人は、インポの程度を示す指標(International Index of Erectile Function Questionnaire:IIEF)が71%改善したのに対して、実行しなかった45人は逆に9%悪化しています。

出典:The American Journal of Cardiology 2015 March

2.禁煙やダイエットよりウォーキングの方がインポ予防に効果的

米国ボストン大学が、593人のインポではない男性を9年間にわたって調査したところ、中年男性が定期的に運動を続けることでインポになるリスクが大幅に減ることがわかりました。(運動は、1日30分程度のウォーキングを含んでいます)
しかも、運動が、禁煙やアルコールを減らすことやダイエット(減量)よりも、インポの予防にずっと効果が高いとしています。

出典:Urology 2000 August

他には、55歳から90歳の男性31,000人を調査して、糖尿や高血圧でも、定期的な運動でインポになるのを10年遅らせるなどといった話もあります。

引用:Webmd.com

ウォーキング(散歩)がインポの予防と改善に効果がある理由

1.ウォーキングが血流を増やす

インポの改善には、言うまでもなく、「血流を増やす」ことが欠かせません。
ウォーキングは、血液を送り出す心臓の働きを高めて、心拍数を増やし、血流を増やします。

また、血管を柔軟にして拡張させる物質=血中の一酸化窒素のレベルを高めます。1)

出典:
1)Circulation

2.ウォーキングは血圧を下げる

高血圧はインポの原因の1つですが、これは血管が収縮して血圧が高い状態が続くと、血流が低下するからです。

ウォーキングは、高血圧のリスクを下げることがわかっています。
15,000人のウォーカーを6年間調査した結果、ランニングと同様の効果があるという報告があります。2)

出典:
2)American Heart Association

血圧計

3.ウォーキングは血糖値を下げる

糖尿病の人の75%は、程度の差はあれ、インポに悩んでいると言われます。

血糖値が高いことが、勃起を妨げるいくつもの要因になるからです。
先ず、血中の高い糖分が血管の内壁を傷つけます。それによって、一酸化窒素の発生が妨害されます。また、糖尿病は、神経系への悪影響を及ぼし、性的欲求を低下させます。
これらが全てインポにつながるというわけです。

ウォーキングは、血糖値をコントロールする力を高めます。

たとえば、

  • 韓国で行われた2型糖尿病患者250人を対象にした調査の報告 3)
  • 1型でも健康な人でも、ウォーキングが食後の血糖値の上昇を抑えるとしたAmerican Diabetes Association(米国糖尿病協会)の報告 4)

などがウォーキングの効用を裏付けています。

出典:
3)Diabetes & Metabolism Journal

4)Diabetes Care 2012 Aug

まとめ:インポを治すために、1日3.2kmを40分で歩こう!

【 関連記事 】
定期的な運動でインポ(ED)を治す
インポにおすすめの食べ物 ベスト10